ミドルサイズ1BOXミニバン

ミドルサイズ1BOXミニバン

 

 

 

 

2000cc級の1BOX型ミニバンは、ファミリー&レジャーユースの大本命ともいえるカテゴリーです。

 

アルファードやエルグランドの最上級クラスはキャビンスペースで勝るが、ラウンジ的な寛ぎを求めた設計で積載等の多様性には消極的。

 

また、車体サイズの日常用途には大きすぎる。

 

ヴォクシー

首位のヴォクシー系は、そんなファミリー&レジャーユースの勘所を押さえ設計が特徴。

 

さらに、姉妹展開でファミリー/スポーティ/プレミアムのキャラ付け。

 

強くて当然にも思えるが、ライバルに遅れを取るのが、先進安全&運転支援装備である。

 

 

ACCとLKA

ヴォクシー系とがっぷり四つのセレナとステップワゴン、ACCと半自動操舵LKAを採用。

 

ステップワゴンのACCは、ハイブリッド車以外は高速対応ですが、全モデルにACCとLKAを標準装備。

 

セレナはACCは全車速型でLKAの走行ライン制御でもステップワゴンに勝るが、設定が上級グレードに制限されるのが難点だ。

 

ヴォクシー系はどちらも設定されず、車線維持支援も警報のみ。

 

いずれは新トヨタ・セーフティセンスに更新されると思われるが、現時点では一世代前のモデルです。

 

走行レベルでは3車ともにハイブリッド車が見どころ。

 

それぞれタイプの異なる方式を採用するが、高速巡行での動力性能と燃費ではステップワゴン、日常域のパワフルさではセレナ、市街地も長距離もバランスよくドライバビリティと燃費をまとめたヴォクシー系とこれも3車3様です。

 

デリカD5

デリカD5は衝突回避ブレーキシステムのAEBSも非採用の時点で一般的ミニバンユーザーには悩みどころだが、4WD車のSUV並み悪路踏破性はレジャー用途の強烈なアピールポイント。

 

アウトドア趣味のユーザー向け仕様とも言えます。

 

 

 

 
page top